悪性リンパ腫

悪性リンパ腫〜 リンパ節に起こる癌

ウィルスの感染によって起こる病気から身を守る免疫は、全身にリンパ液を通すリンパ腺と関所のように体内各所に設けられているリンパ節などのリンパ系組織によって成り立っています。
しかし、血管のようにリンパ腺が全身を通っているためにガンの転移対象となってしまうことがあるのです。

リンパ節で起こる癌である悪性リンパ腫とはどのような病気なのでしょうか?

悪性リンパ腫について

悪性リンパ腫は医学的には二種類に分類され、リンパ節中にホジキン細胞の増殖が認められる「ホジキンリンパ腫」とそれ以外の「非ホジキンリンパ腫」があります。
日本人に起こる悪性リンパ腫の約90%が非ホジキンリンパ腫で、ホジキンリンパ腫は欧米における悪性リンパ腫の主流となっています。

続発性悪性リンパ腫はすい臓がんなどの臓器ガンの転移で発生しますが、原発性の悪性リンパ腫は原因が特定できておらず、ウィルスやカビなどが原因ではないかと考えられています。

悪性リンパ腫の症状とは

悪性リンパ腫による主な症状は、リンパ節の腫れです。
首筋や腋の下などにあるリンパ節は、風邪を引いた時や体調不良の時にも腫れるため発病初期を見逃してしまうことも少なくありません。
悪性リンパ腫でのリンパ節の腫れは痛みが感じられない上に複数個所同時に腫れ、直径1cm以上に肥大することがあります。

病状が進行すると、体重減少・寝汗・倦怠感・発熱といった「B症状」が現れるようになります。
風邪などによるリンパ節の腫れか、悪性リンパ腫かの判別はこのB症状の有無で行われます。

病状が進行していくと多臓器不全や、血管内で血液凝固が起こる播種性血管内凝固症候群などが合併症として起こり、命に関わる事があります。

悪性リンパ腫の転移

悪性リンパ腫もガンの一種である為、病期が進行すれば他臓器への転移が発生します。
ステージ1からステージ3まではリンパ系組織だけで進行していきますが末期のステージ4に入るとリンパ節外への転移が起こるようになります。

リンパ系組織は全身いたるところに存在している為、遠隔転移も起こりやすいのが特徴といえます。

悪性リンパ腫の治療

悪性リンパ腫の中心となるリンパ系組織は、免疫機能を担う重要器官であるためにがん治療の基本となる外科手術や放射線療法の適応外となっています。
ただし、外科手術は肥大したリンパ節を削って縮小する目的で行われる場合があります。

悪性リンパ腫に対しては基本的には抗がん剤投与による化学療法が適応されます。
悪性リンパ腫に対する抗がん剤投与は効果が高く化学療法だけでも充分に寛解できます。
しかし、腫瘍が完全になくなっても再発する恐れがあるため、事後の検査・治療も十分に行わなければなりません。

  • 膵臓の働き - すい臓の持つ役目
  • 膵臓がんの原因 - 発病のメカニズム

  • 【すい臓がんの基礎知識】膵癌の原因や症状をすい臓のメカニズムと共に確認
  • 【膵臓から転移して起こる主なガン】すい臓がんから発病(転移)する可能性が高い癌をご紹介
  • 【すい臓がんの治療】外科手術・化学療法・放射線療法などの治療法と再発について