手術

外科手術〜患部の切除で治療する

初期症状が無く早期発見が難しいとはいえ、すい臓がんは決して早期発見できない癌では有りません。
運よく早期発見に成功すれば、十分に根治することが可能なのです。

すい臓がんを根治するために重要な役割を担う治療法の一つが外科手術なのです。

全てのすい臓がん患者が外科手術を受けられるわけではない

外科手術はがん治療における三本柱の一つと称されているほど、基本にして王道の治療法です。
しかし転移が始まるほど病状が進行していれば、切除しなければならない範囲が大きくなりすぎてしまい、外科手術だけで治すことはほぼ不可能になってしまうというデメリットがあります。

発見しにくく進行が早いすい臓がんでは、発見した時点で転移が始まっている場合が多く、すい臓がん患者全体の約4割程度が外科手術の適応になるといわれています。

外科手術のメリット・デメリット

外科手術は病巣を身体の中から取り除くことが出来るため、手術してしまえば病状の進行を食い止められるというメリットを受けられます。
他の臓器への転移が始まっていなければ確実に根治治療に繋げることができます。
しかし、外科手術は身体を切ることでもあるため、患者の体力が手術に耐えられるだけ残っていることが前提となります。
そのため末期がんの患者に対しては外科手術が行なわれることは少なくなっています。

デメリットとしては「身体にメスを入れたことによる影響が大きい」ということが言えます。綺麗に縫合されていても手術痕の治癒に栄養分やエネルギーを取られて体調を崩したり、臓器摘出の影響を受けたりすることによって病気がちになったという報告例も少なくないものです。

すい臓がん治療で使用される手術法

一口に外科手術といっても、患部や病気内容に応じて手術法は違ってきます。
どのような手術法がすい臓がんに対して使用されているのでしょうか?

膵頭十二指腸切除術

膵頭十二指腸切除術は、十二指腸側の膵頭部にがん細胞が発生している場合に行われる手術法で、胃がんや十二指腸癌にも適応されます。

切除範囲は、膵頭部から膵体部までを含むすい臓の3分の1、十二指腸・胃の出口である幽門部・十二指腸と小腸を繋ぐ空腸、胆嚢と胆管、周辺のリンパ節となっています。
切除範囲が大きい分、合併症が起こりやすいのが難点ですが、最近は胃を温存する方法が導入されています。

膵臓全摘術

膵臓全摘術は、その名の通り膵臓全体を摘出してしまう手術法です。
転移が見られず膵臓内だけでがん細胞が増殖している場合に用いられます。

デメリットとしてはインシュリンの生産が行われなくなるため糖尿病を発症しやすくなり、インシュリン注射が欠かせなくなることです。

膵体尾部切除術

膵体尾部切除術は、膵管がある膵頭部とは反対側の膵体尾部でがん細胞が増殖している場合に行われます。
膵頭部が温存されるためインシュリンの分泌も行われますが、脾臓も切除されるなど合併症は避けられないのが難点です。

  • 膵臓の働き - すい臓の持つ役目
  • 膵臓がんの原因 - 発病のメカニズム

  • 【すい臓がんの基礎知識】膵癌の原因や症状をすい臓のメカニズムと共に確認
  • 【膵臓から転移して起こる主なガン】すい臓がんから発病(転移)する可能性が高い癌をご紹介
  • 【すい臓がんの治療】外科手術・化学療法・放射線療法などの治療法と再発について