免疫療法

免疫療法〜免疫力を高める治療法

人間の身体には、生来より病気に対する抵抗力が宿っています。
この抵抗力には細菌やウィルスの侵入を防ぎ病巣を攻撃する免疫機構、ケガや病気の回復を進める自然治癒力などが含まれています。
この免疫機構は各種がんにも効果があるのですが、がん細胞の増殖によって身体の働きが乱されることで正常に機能するのが難しくなっているのです。

免疫機能を活性化させてがんに打ち勝つことを狙う免疫療法とはどのような治療法なのでしょうか?

新しい治療法として期待される免疫療法

免疫療法は、人体に元から備わっている免疫機構を強化してがん細胞を攻撃させることを主眼に置いた治療法です。
身体が元から持っている免疫を利用するので、外科手術・化学療法・放射線療法の「がん治療の三本柱」に見られた副作用がほとんど発生しないというメリットが最大の特徴といえます。

また、手術や薬剤投与・放射線照射に耐えられるだけの体力が残っていない患者でも実行できることもメリットの一つといえます。
しかし、医学的にはまだ未承認の段階にある治療法であるため、保険適用がされておらず多額の治療費が掛かってしまうというデメリットも存在しています。

免疫療法の内容

免疫療法では、免疫機構に関わる細胞・リンパ球の増殖を行い免疫力の向上を図ります。
基本的には患者から少量の血液を採取し、免疫細胞を人工的に増殖させて点滴で患者の体内に戻して行います。
また、がんの原因となるウィルスに効果のある癌ワクチンの投与を行って発病予防・治療を行なう場合もあります。

また、免疫細胞の一つであるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)は「笑うこと」によって活性化する性質を持っていることが判っており、何かと気が沈みがちになる入院患者の生活の質の向上も兼ねて落語や漫談で患者を笑わせて病気に打ち勝ってもらおうという試みを行う病院も増えています。

すい臓がんに対する免疫療法

前述の通り免疫療法は未承認の治療法であるため、全ての病院で施療してもらえるわけではないという欠点があります。
それに加えて健康保険の適応外治療に当たるため、高額の治療費請求を受ける可能性が高いことも欠点といえます。
それでも、一縷の望みを託す最後の希望として免疫療法を選択する人は少なくありません。

ガンに対する免疫療法としては、リンパ球を採取して増殖してから身体に戻す「活性化自己リンパ球移入療法」に代表される受動免疫療法、免疫細胞が分泌するたんぱく質・サイトカインを投与する「サイトカイン療法」や食事療法による能動免疫療法があります。

免疫療法の効果は個人差が大きく、がん細胞が消滅して完治したという人もいれば数ヶ月生存期間を延ばすに留まった人もいます。
そのためあくまでも外科手術・化学療法・放射線療法を治療の基本とした上で、免疫療法を選択肢に入れておくべきであるといえます。

  • 膵臓の働き - すい臓の持つ役目
  • 膵臓がんの原因 - 発病のメカニズム

  • 【すい臓がんの基礎知識】膵癌の原因や症状をすい臓のメカニズムと共に確認
  • 【膵臓から転移して起こる主なガン】すい臓がんから発病(転移)する可能性が高い癌をご紹介
  • 【すい臓がんの治療】外科手術・化学療法・放射線療法などの治療法と再発について