すい臓のように体表面の臓器に隠れた臓器というのは、腫瘍や病変部が見つけにくいとされています。そんな隠れた臓器に腫瘍が生じると、進行は速いと言われています。隠れた臓器ですから、初期の自覚症状は殆どあないんだとか。
もし、体に異変を感じたら放置しないほうが良いかも…。

フコイダンは、アポトーシスがなくなったガン細胞の消滅に作用する効果をもつ成分ですが、実は効果はそれだけではないそうです。血糖値や血圧上昇を抑制する働きを持ち、身体機能を正常に保つ働きがあるんだとか。
日頃から取り入ておくと健康維持にも役立つようです。

【すい臓がん治療】小さな症状でも見逃さないことが大事!

すい臓がんは、癌疾患の中でも治療が難しいと言われている病気のようです。
その理由には、発見が難しいことと、すい臓に形成される癌が移転や病状の進行が速いなどが挙げられるようです。そのため、もし発見することできても、ある程度は腫瘍が形成され、進行している状態であることが予測されるそうです。

すい臓がんが形成された初期の頃は、自覚症状と呼ばれるものは殆どにとされ、背中やお腹、腰などに見られる痛みや吐き気、倦怠感などが症状とされています。
しかし、自覚症状が現れ始めた頃には、病状も進行している可能性があるんだそうです…。

すい臓がんが形成されるこの臓器は、栄養素を消化するための酵素を作る働きと、インシュリンを分泌することで血糖値を抑制する働きを担っています。
しかし、すい臓が正常に機能しなくなると、インシュリンの分泌量が減少するなどの症状が現れるだとか。インシュリンは糖尿病と深い繋がりがあり、血糖値を抑えるインシュリンが少なくなってしまうと高血糖になったり、糖尿病を悪化させることに…。

外科医でも発見が難しく、手ごわいと言うすい臓がんの治療方法を見ていきましょう。

外科治療

すい臓眼治療の基本は外科手術とされており、すい臓に形成された腫瘍は摘出するのがベストと考えられているそうです。しかし、すい臓という臓器自体を摘出することは健康上好ましくないとされ、腫瘍箇所のみの摘出が行われるそうです。

すい臓が体内から摘出されてしまうと、消化器脳に支障が生じ、血糖値をコントロールすることができなくなってしまうんだとか。さらには栄養障害を引き起こしたり、日常生活に支障をきたす可能性が強いため、臓器の全摘出は行われないようです。

しかし、外科治療が基本とされていても、手術が適さない方もいるそうです。
すい臓がんを見つけたときには進行している状態のことが多く、外科治療を受けることができる人は全体の約4割と言われています。この割合は、すい臓がんの発見がそれだけ困難であることを示していると言えるのではないでしょうか。

化学療法

すい臓がんで行われる化学療法は、病態の進行による重度の合併症がなく、その他の臓器や骨髄などに問題が無ければ抗がん剤治療が可能とされています。
外科治療のように身体にかかる負担が少なく、身体を切開するという精神的負担も軽減させることが出来るようです。
ただし、抗がん剤は副作用が現れる可能性が高い治療法でもあります。この場合、抗がん剤と患者の体質が合っていないという可能性も考えられるそうなので、副作用が酷い場合は医師に相談してみると良いかも知れません。

ですが、すい臓がんにできた腫瘍は、抗がん剤のみの効果で縮小させることは困難されており、予後も不良となることが多いそうです。そんな癌疾患にも近年新しい治療方法が加わり、がん治療で注目されているそうです。
その治療法というのは、フコイダン療法と呼ばれるものです。

フコイダン治療は最近行われ始めた治療法ということで、抗がん作用だけでなく様々な効果があり、病気の予防にも良いということで、フコイダンについてちょっと調べてみました!
健康維持に役立ちそうなサイトがありましたので紹介したいと思います。

フコイダンとは、昆布やわかめなどの海藻類の表面に感じるヌメり成分なんだとか。
細胞というものはアポトーシスという古い細胞から新しい細胞への代謝を繰り返し、健康を保っていると言われているのですが、がん細胞はアポトーシスが行われなくなった異常細胞とされています。
しかし、フコイダンの成分ががん細胞を消滅するために誘導してくれることが発見され、その効果に高い期待が寄せられる成分です。
また、健康維持や病気予防にも役立つために、日頃から摂取するようにしておくのも良いそうです。

フコイダンは健康維持にも役立つ成分!

がん治療で注目される成分・フコイダン バイタルモア

細胞には古くなったら自然に消滅するようにということがインプットされているのですが、がん細胞はその機能が忘れてしまった異常細胞のようです。
インプットされていた記憶を呼び起こさせるには、自然と消滅するように誘導するフコイダンが効果的と言われています。

放射線療法

放射線療法は、すい臓にできた腫瘍に放射線を照射し、がん細胞を消滅させる治療法とされています。
抗がん剤と併用して用いられることの多い治療法で、併用した場合は科学放射線療法呼ばれるそうです。生存期間を延ばすことへの効果が高く、転移した癌にも効果的と言われています。

化学療法と同じく、放射線療法でも副作用が出現し、嘔吐や下痢などの症状が見られるそうです。症状の程度や強さは、部位や照射量によっても変化するそうです。

  • 膵臓の働き - すい臓の持つ役目
  • 膵臓がんの原因 - 発病のメカニズム

  • すい臓は全摘出されない!

    すい臓は全摘出されない!

    すい臓がんになったとしても、全摘出されることはないそうです。すい臓の持つ働きが、身体に与える影響は大きいということが考えられます。

  • 副作用は起こる可能性が高い

    副作用は起こる可能性が高い

    がん疾患の治療では、副作用が生じやすい治療が多く、覚悟が必要になる治療が多いようです。治療法を確認して見ましょう。

  • 新たな成分への期待

    新たな成分への期待

    がん疾患における治療で、近年期待されている成分にフコイダンというものがあるそうです。なんでも、ガン細胞を消滅に導くんだとか…

 
 

  • 【すい臓がんの基礎知識】膵癌の原因や症状をすい臓のメカニズムと共に確認
  • 【膵臓から転移して起こる主なガン】すい臓がんから発病(転移)する可能性が高い癌をご紹介
  • 【すい臓がんの治療】外科手術・化学療法・放射線療法などの治療法と再発について