果物

肥満を改善しながら、がん予防ダイエット

肥満改善には生活習慣の改善が必要になります。
特に消費カロリーと摂取カロリーを考えて食事や運動をしなければなりません。

今回はがん予防ということもあるので、食事ダイエットに注目することにしましょう。

がんを予防する食材を活用

ガンに効果があるとされる食材を知っていますか?

実は癌予防に良いと言われる食材は身近なものが多く、普段の食事の中で意識せずに結構摂っているものなんです。

効果があるとされる食材をいくつか挙げると、緑黄色野菜・キノコ類・牛乳/乳製品・バナナ・リンゴ・みかん・キウイ・コーヒー・ココア・紅茶・緑茶などがあります。

肥満解消を目的に、これらの食材を使って同時にガンという恐ろしい病気も予防するダイエットをしちゃいましょう。

朝バナナダイエット

バナナに含まれる栄養成分、ベータカロテンにはガンを発症させる原因になる可能性のある活性酸素から身体を守る働きがあるそうです。

実はバナナの凄い能力は活性酸素から身を守るという働きだけでなく、ガン細胞など身体にとって有害物質(異物)を排除する腫瘍壊死因子(TNF)の産生能力を向上させることだったのです。

朝に必ずバナナを食べるというダイエット方法は、栄養にも偏りが出るのではないかとも思われますが、朝以外の食事は栄養バランスを考えた食事であれば自由なので体調面での心配は少ないようです。そしてお通じを良くして、自然と痩せやすい体質に改善してくれます。

でも毎朝バナナという生活にはやはり飽きが来てしまいます。そのときの工夫が必要になるでしょう。

キャベツダイエット

キャベツは免疫力を高める働きが高く、体内で白血球を増やす働きがあるそうです。
白血球は体内に入ってきた細菌や異物を排除する働きがあり、一般に免疫力が高まるとガンを予防する効果が高まるとも言われています。

キャベツダイエットは1日3回の食事の前に生キャベツ(約200g)を摂取するという方法です。
食事前に摂取することで満腹感を刺激し、食事量を自然と少なくする目的もあり、太りにくい体質に改善する働きもあると言われています。
キャベツを食べるときの調味料は、脂質の多いドレッシングやマヨネーズを避けるのがベストと言われています。

このように肥満を改善するための食事ダイエットは、肥満体質の改善やがん予防をすることができます。
肥満・メタボなどなど、体型がヤバくなってきたとき先々のことを考えて、ダイエットしてみてはいかがでしょう?
また、肥満改善と癌予防が行える食事ダイエットは、今回情報を提供していただいたDiet・Slismで確認することができます。ぜひご覧になってみてください。

ダイエットSlismの紹介

ダイエット 健康に配慮したダイエット法を豊富に提供するDiet・SlismのHPです。脂肪のつきにくい体にする体質改善をしながら病気の予防もできるダイエットなどを紹介しています豊富なダイエット情報の中から、あなたに適したダイエット法が見つかるかもしれません。

がん予防に効果がある食材で食事ダイエット
http://slism.jp/

日々の生活や短時間で可能なダイエット記事の紹介

夜トマトダイエット
http://slism.jp/method/meal-yorutomato.html

トマトの栄養成分でもあるリコピンが体内の活性酸素を消去し、身体を守る働きがあります。がんを予防する効果があるとして知られており、Slismではトマトを使ったダイエット方法の紹介も行っています。

低脂肪牛乳ダイエット
http://slism.jp/method/meal-teishibogunyu.html

牛乳に含まれるカルシウムにがん予防効果があるようなのです。そのため小さい頃より飲み続けている人は大腸がんになりにくいというような説もあります。スリズムには牛乳を使ったダイエットページもあり、健康的なダイエットを紹介しています。

コーヒーダイエット
http://slism.jp/method/meal-coffee.html

コーヒーを使ったDietの紹介ページです。苦味があるため得意じゃない人もいるコーヒーですが、コーヒーにはがんを抑制する効果あると考えられており、肥満改善にも役立つ健康飲料です。

  • 膵臓の働き - すい臓の持つ役目
  • 膵臓がんの原因 - 発病のメカニズム

  • 【すい臓がんの基礎知識】膵癌の原因や症状をすい臓のメカニズムと共に確認
  • 【膵臓から転移して起こる主なガン】すい臓がんから発病(転移)する可能性が高い癌をご紹介
  • 【すい臓がんの治療】外科手術・化学療法・放射線療法などの治療法と再発について