果物

乳がんから命を守る方法は検診

乳がんは、ほとんど痛みのないがんと言われ、痛みがないため発見しにくく、発見が遅れることがあります。しかし、発見が遅れると、乳がんの治療は難しくなり、乳がんによって命が危険にさらされる可能性も上がってきます。もしものときに、乳がんを早く発見するためにも、検診を行いましょう。

手軽に自己検診で乳がんを発見

意外にも、乳がんは自己検診で発見することが多いのです。さすがに毎日に行う必要はありませんが、1ヶ月に一度は自らの手で胸を触って、乳がんの代表的な症状であり、乳がんのサインである「しこり」がないかどうかを調べてみてはいかがでしょうか?こうして気をつけるだけでも、乳がんの早期発見につながります。

医師の検診で乳がんを発見

「自分の感覚ではちょっと不安…」という方は、自治体や婦人科などで行われている乳がん検視を受けてみましょう。自治体の乳がん検診では、1000円〜2000円がかかるところもあれば、無料で検診してくれるところもあるそうです。また、医療機関においては、1万円前後がかかりますが、マンモグラフィや超音波(エコー)などの機材を使って調べてもらえるので、信頼の置ける結果が得られます。

乳がんが及ぼす体への症状

乳がんは、ほとんど痛みのないがんと書きましたが、「ほとんど」であってまったくないわけではありません。ときおり、痛みがあるから乳がんではないと勘違いしてしまう方もいるようですが、乳がんは症状が進んでくると痛みを伴うこともあります。このように、乳がんによる症状は、胸にしこりができるだけではないのです。

しこり以外の乳がんの症状としては、乳房の皮膚がくぼんだり、熱を持ったり、乳頭から茶褐色もしくは血が出てきてしまう場合も。さらに、乳頭や乳輪といった部分がただれたり、皮膚がはがれたりすることもあり、皮膚の引きつれ感を感じることやリンパ腺が腫れることも、乳がんの症状として現れることがあります。

男性の乳がんも女性の乳がんも種類は同じ

女性の病気というイメージがどうしても強い乳がん。何度も言うようですが、確立は低くとも、男性でも乳がんは本当に発症します。この男性の乳がんは、女性に発症する乳がんとまったく同じ種類です。なので、男性も早い段階で乳がんを発見することで、乳がんによって起きる命へのリスクを極力抑えることができます。

「乳がん」参考サイトの紹介

乳がんは、特に女性に知っておいてほしい病気です。気づけずに放っておけば、確実にその命を危険にさらすことになってしまいます。でも、早い段階で乳がんを見つけることができれば、乳がんによってもたらされるリスクは最小限に抑えられます。こちらのサイトでは、乳がんの症状や検診について詳しく紹介されています。

乳がん
http://brcguide.com/

”乳がん”に関する記事の紹介

乳がん検診で乳がんのリスクを最小限に
http://brcguide.com/a03kenshin.html

乳がんの「がん」という文字を見ると、どうしても怖いものだと感じてしまいますが、早い段階で乳がんを発見することで、命に関わる乳がんのリスクを最小限に抑えることができます。こちらでは、乳がんの早期発見を手助けする乳がん検診について紹介されています。

意外と知らない乳がんの「症状」
http://brcguide.com/a05shojo.html

乳がんが怖い病気だといわれるのは、発見が遅れてしまうことにあります。ですが、乳がんの症状を知ることによって、早い段階で乳がんを発見できるようになります。乳がんに気づくために知っておきたい乳がんの症状について、こちらのページで学んでおきましょう。

女性だけの病気じゃない!男性でも発症する乳がん
http://brcguide.com/c01man.html

乳がんといわれると、どうしても女性の病気と思ってしまいがちですが、乳がんは男性でも発症する病気です。低い確立ではあるものの、ゼロではない男性の乳がん発症について、こちらのページから学びましょう。

  • 膵臓の働き - すい臓の持つ役目
  • 膵臓がんの原因 - 発病のメカニズム

  • 【すい臓がんの基礎知識】膵癌の原因や症状をすい臓のメカニズムと共に確認
  • 【膵臓から転移して起こる主なガン】すい臓がんから発病(転移)する可能性が高い癌をご紹介
  • 【すい臓がんの治療】外科手術・化学療法・放射線療法などの治療法と再発について